平成27年度の健康診査について

【はじめに】

平成30年度の検診の概略についてご説明します。

【検診期間】

平成30年7月1日-平成31年2月28日

クーポン・特定健診は平成30年6月2日-平成31年2月28日です。

【検診券】

検診を受ける際には必ず受診券が必要です。

受診券は以下のような人を対象に表に示す送付時期に送付されます。

受診券の種類 送付対象者 送付時期
国保特定健康診査受診券【1】 40-74歳の鳥取市国民健康保険(以下、鳥取市国保)被保険者(H26.4現在) 5月末
健康診査(高齢者)受診券【2】 後期高齢者医療被保険者 6月末
健康診査受診券 18-39歳(鳥取市国保被保険者・健康保険等被扶養者)で過去3年間に受診歴のある人
40歳以上の医療保険未加入者
鳥取市国保に年度中途で加入された希望者
がん検診・歯科検診受診券 過去3年間に受診履歴のある人
20-39歳までの偶数年齢女性
25・35歳の女性
国保加入者 40-74歳全員
国保以外
60-74歳全員
40-59歳の偶数年齢の人
45・55歳の人
ただし、がん検診無料クーポン対象年齢を除く
生活機能評価受診券【3】 二次予防事業対象者で参加希望の人 随時
がん検診無料クーポン券【1】 肝炎(未受診者)・胃・肺・大腸
41,46,51,56,61歳の人(年齢基準日:H30.4.1)
5月末

補足項目
【1】:健診期間は平成30年6月1日から平成31年2月末日、ただし人間ドックとしての健診機関は平成30年7月1日からです。
【2】:年度内に75歳になられる方については、75歳の誕生日からの受診となります。
【3】:生活機能評価の健診機関は平成30年4月1日から平成31年2月末日までです。



【検診の種類・対象者・自己負担】

          
健(検)診種類 対象者 健診内容 自己負担額
健康診査 健康診査(18-39才・社保本人は除く) 基本的な健診【1】 詳細な健診【2】 500円
鳥取市後期高齢者健康診査 後期高齢者医療加入者 基本的な健診【1】 詳細な健診【2】 500円
健康診査(40歳以上医療無保険者) 基本的な健診【1】 詳細な健診【2】 無料
鳥取市国保特定健康診査 40-74歳 基本的な健診【1】詳細な健診【2】 無料
生活機能評価 二次予防事業対象者 項目【3】 無料
がん検診 肝炎ウイルス検査
(40-74歳の未受診者)
70才未満 HBV抗原・HCV抗体
必要時HCVRNA定量【8】
800円
40・45・50・55・60・65・70-74歳 無料
胃がん検診 40歳以上の人 胃透視、胃内視鏡のいずれか【9】 2000円
肺がん検診 40歳以上の人 胸部レントゲン撮影のみ 1000円
胸部レントゲン撮影+喀痰【4】 2000円
大腸がん検診 40歳以上の人 2日法 500円
クーポンによる検診 対象年齢者【5】 内容は通常のがん検診と同じ 無料
国保人間ドック 40-74歳の鳥取市国民健康保険被保険者 人間ドック検査項目【6】・喀痰なし 11000円 
(3600)【7】
人間ドック検査項目【6】・喀痰あり 11600円 
(3800)【7】
人間ドック検査項目【6】・眼底なし・喀痰あり 11000円 
(3600)【7】
人間ドック検査項目【6】・眼底なし・喀痰あり 11600円 
(3800)【7】

補足項目
*:市民税非課税世帯、生活保護世帯は無料。高齢者健康診査は全員500円
【1】:基本的な健診項目は、問診、身長、体重、BMI、腹囲、血圧測定、HDLコレ、LDLコレ、中性脂肪、尿糖、血糖、HbA1c(血糖とHbA1cはどちらか一方)、尿蛋白、AST,ALT,γGTP,クレアチニン、尿酸      【2】:貧血検査(赤血球、ヘマトクリット、血色素)、心電図、眼底検査(高齢者健康診査では行わない。)などを以下のような条件がある場合は、医師の判断で行う。



詳細な健診項目の判断
詳細項目 実施できる条件(判断基準)
貧血検査 貧血の既往歴を有する人、または視診などで貧血が疑われる人
心電図・眼底検査 前年度の健診結果などにおいて、血糖・脂質・血圧・肥満のすべてにおいて、次の基準に該当した人
♣血糖:空腹時血糖が100mg/dl以上、またはHbA1cが5.2%以上
♣脂質:中性脂肪150mg/dl以上、またはHDL-cholesterol40mg/dl未満
♣血圧:収縮期130mmHg、または拡張期85mmHg以上
♣肥満:腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上、またはBMI25以上

【3】:介護保険において要支援、要介護認定を受けた方は対象外。
検診内容は、問診、診察、身長、体重、血圧、血液検査、心電図、嚥下機能検査。
介護予防事業への参加について判断する。
【4】:肺がん検診での喀痰検査は、a)喫煙指数(1日の本数×年数)が600以上 b)6ヶ月以内に血痰のあった人のいずれかにでも該当する場合に対象となる。
     【5】:検診の無料クーポン券は年齢で、41,46,51,56,61歳の人が対象(年齢基準日平成27年4月1日)
【6】:ドックの対象者は鳥取市国民健康保険加入者(年齢40?74歳)。
予約が必要で、保健医療福祉連携課成人コーナーまたは各総合支所で、受診予定日の1週間前にまでに受診手続きを行う。
予約に必要なものは、鳥取市国民健康保険証、健康診査受診券、がん検診受診券、各健診のクーポン(ある場合)。
すでに特定健康診査およびがん検診を受けている場合は受けられません。
肝炎ウイルス検査はドックに含まれていないため、検査を希望する場合は肝炎ウイルス検査対象者であるかどうかを確認し、医療機関に予約をする。

人間ドックの内容:
検査項目
体格 身長・体重・BMI・腹囲
循環器系 血圧・心電図・血清総コレステロール。HDLコレステロール・LDLコレステロール・中性脂肪
糖代謝 尿糖・空腹時血糖・ヘモグロビンA1c
腎臓系 尿蛋白・尿潜血・クレアチニン・尿酸
血液一般 赤血球・ヘマトクリット・血色素・白血球・血小板
肝臓・胆道・すい臓系 AST(GOT) ALT(GPT) ALP LDH γ-GTP アルブミン
腫瘍マーカー CEA AFP CA19-9 PSA CA125(これらのうち3項目以上)
その他の検査 眼底検査・腹部超音波検査
胃がん検診 胃X線または胃内視鏡
肺がん検診 胸部X線・喀痰検査(必要な人のみ)
大腸がん検診 便潜血検査

【7】:( )内は市民税非課税世帯の自己負担金
生活保護世帯は無料
【8】:今まで1回も受けたことのない人が対象となる。
検査項目はHBs抗原とHCV抗体を検査する。 HCV感染の判定は以下のチャートの手順で行う。


chart

厚生労働省(平成15年度)より出典


【9】:胃内視鏡での検診では、場合によっては組織検査なども必要となることがあり、そのときは検診とは別に費用がかかる。


↑ ページの上部へ