ヘリコバクターピロリ菌

ヘリコバクターピロリ菌は人に胃に感染して、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、そして胃がんなどの原因となる、細菌です。
人への感染の頻度は、下の表に示したように若い人に少なく、年齢が上がるほど高くなります。
また、年々どの年齢でも感染の頻度は低下しています。


shasin

ヘリコバクターピロリ菌感染はどのような病気を引き起こすのか

H.pylori菌は主には胃に感染するため、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、そして胃がんを引き起こします。
そして、胃の病気以外にも、特発性血小板減少性紫斑病などの原因にもなります。


shasin


ヘリコバクターピロリ菌の除菌治療

ヘリコバクターピロリ胃炎の診断と治療は、図に示したような流れになります。
健康保険の適応となるためには内視鏡検査でH.pylori感染に起因した胃炎であることを確認する必要があります。
そのうえでH.pyloriが陽性であることを確認して、治療を行います。
H.pyloriが陽性であり、内視鏡検査でH.pylori感染胃炎が認められたとき、図に示した一次除菌治療を行います。
除菌治療終了後4週間以上経過してから、図にしめした検査法により除菌判定を行います。 検査としては、尿素呼気試験または便中H. pylori 抗原測定が推奨されています。
一次除菌が不成功であった患者に対しては、図に示したように、二次除菌療法を行います。二次除菌までが保険適応となっています。

shasin


↑ ページの上部へ

  • 関連事項